ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

図書委員会ブログ

TOP > 図書委員会ブログ > 「境界を生きる」

「境界を生きる」

前回は性同一性障害を取り上げましたが、セットで知っておいてほしいものです。
第4弾。

境界を生きる 

51laP-+MWmL__SL500_AA300_.jpg
2009年から毎日新聞で連載されていた「境界を生きる」を再構成した本です。
「性分化疾患」と「性同一性障害」を扱っており、それぞれの当事者や家族を取材した内容となっています。

性同一性障害は今や有名なものですが、性分化疾患というものは知っていますか?

エピローグにこんな言葉があります。
「無関心はとてつもない恥になり、ついには罪になる」

人の性は「男」か「女」だと思っていませんか?
性は何故か日本では語られにくいですよね、それゆえ視界も狭く、理解もされにくい。
まあとりあえず、少しばかり読んでみてはいかがでしょう。

シン

カレンダー

カテゴリ