ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

図書委員会ブログ

TOP > 図書委員会ブログ > 「性同一性障害」

「性同一性障害」

第3弾です。

性同一性障害 ―性転換の朝
31Z4F2VXASL.jpg

いちゃもんをつけるなら、副題が「性転換の朝」という点でしょうか。
「転換」じゃないんですよ、「適合」なんですよ。
転換っていうとA→Bへの移行ってイメージじゃないですか、でもそうじゃなくて。
本当はBが正しいのにAで生まれてきたからBに戻す、「適合」という言葉が正しいと思うんですよね。

皆さんは性同一性障害は病気だと思いますか?
シンは性同一性障害というものに「障害」という言葉を使うのもちょっとなーと思ってるんですけれども、
障害という言葉がついてることで得することがあるのも確かなのでなんとも言えませんが。

これはレポート本です。
医師や当事者の方々の話、性同一性障害の歴史などが載っています。
本のタイトルだけだと堅っ苦しい本だと思われるかもしれませんが、小説のように滑らかに書かれているので、
性同一性障害の概要を掴むには良い本だと思います。
性同一性障害が内容の中心ですが、他のマイノリティも度々出てきます。

ちょっと古いのがあれですが、シンはけっこう好きな本でして。
図書館になければ、「あ、あいつが借りてやがるな」と思ってください。

シン

カレンダー

カテゴリ