ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ >日々雑記

« 読書三昧 |

日々雑記 の記事

備忘の録を

 先回のブログ(「解凍すると...」)で,備忘録という表現を使ったのであるが,これ,ついつい「ぼうびろく」と言ってしまう方が多いのではなかろうか。
 かくいう川上も,ついつい「ぼうびろく」と言ってしまう口なのであるが("口"というのが駄洒落っぽくなってしまっているがお気になさらず),本来は"忘備録"は単なる間違いであるとのこと。
 Wikipediaによれば,「本来は誤記だが(忘れるのに備える記録で備忘録),和製漢語の造語法としては自然なため(目的語+動詞),普通に用いられている。」となっている。
 間違いだが普通に用いられている,っていうのはすごいことだけれども,それはそれとしてなぜ間違うのかについてちょっと考えてみた。

 Wikipediaによるように,「ぼうびろく」の方が造語法として自然だと言うこともあるかもしれない。
 が,それよりもなんだか「ぼうびろく」の方が「びぼうろく」より発音が容易(濁音が連続しないため)だとかそういうこともあるのではないだろうか。
 あるいは,「びぼう」という音韻は「美貌」をイメージさせ,「それは違う」という感覚を産む可能性はどうだろう(「ぼうび」から活性化される意味表象としては「防備」があるが,「美貌」に較べるとマイナーだろう)。

 ということで,期せずして,形態(論)レベル,音韻レベル,意味レベルの可能性を挙げることになった。
 単語認知系心理学者の面目躍如といったところかと思うが(ホントか?)どうだろうか。
 が,こうした「どうして間違いが起こるのか」といった話は,"正解"を決めづらい問題であり,考えを広げるところがおもしろいと思えるのである。
 ということで,結論がないうえにオチがなくて申し訳ないのだが,本日のところはこういうところで。
 忘備録問題については,また考えてみたいし,同様の例があればご指摘いただきたい。
 もはやブログでも何でもない...って話ですけど。

解凍すると...

 ワードの文書に貼り付けられた画像ファイルの取り出し方を知ったので,ちょっと書いておきたい。
 たくさんの画像が貼り付けられたワードの文書ファイルがあったとする。
 このファイルから,一個一個の画像データを取り出すのは結構面倒である。
 そこで。
 まず,このワードのファイルの拡張子を,「.docx」から,勝手に「.zip」に書き換えてやる。
 すると,コンピュータから見るとこれは圧縮されたzipファイルと見なされる。
 ので,これを解凍してやる(Macだとダブルクリックで。Windowsは...よく知りません)。
 すると,解凍されたファイルが,新しく作られるフォルダに入っていることになるのであるが,そのフォルダの中の「word」というフォルダの中の「media」というフォルダの中に,当該文書に含まれている全ての画像が,画像ファイルとして保存されているのである。
 まぁ使う必要が無い人には全然使う必要の無い機能であるだろうが,使う必要のある人にとっては割に便利な機能である(当たり前である)。
 これ,ブログというより備忘録,って話ですけど。

一倍の意味が

 唐突だが,「一倍」というのはどのくらいか,ときかれれば,なんと答えるだろうか。
 この「一倍」(そしてもちろん「二倍」や「三倍」も),現代と江戸時代とでは,指す量が異なっているらしい。
 単純に言えば,江戸時代の「一倍」は,現代の「二倍」に相当し,「二倍」や「三倍」も,順に現代の「三倍」,「四倍」に相当する。
 こういうのをインフレと言うべきかデフレと言うべきかわからないけれども,それによって,現代では意味がわかりにくくなってしまっている言葉もある。
 「人一倍」がそうだ。
 校長先生の「人一倍頑張りなさい」というお説教に対して,「人の一倍だから人並みに頑張ってればオーケーなんだよね?」なんて突っ込む小学生とかいそうである(とある議員さんが「何も仕事をしていない議員の5倍は働く自信がある!」と,立候補した,という話を聞いたことがある)。
 そう,「人一倍」は今で言うところの「人の二倍」のことであるのだ。
 雑学に逃げてるってことはネタがないのでは?って話ですけど。

意気だけ示す

 さて。
 新年度に入って,あっという間に二十日である。
 六百一本目のブログとして,そして2015年度最初のブログとして,何を書くかと期待されているわけでもないと思うが,それはそれとして。
 やはり新年度のスタート時はやることが目白押しで,ブログも滞りがちである(毎月そうではないかと訝られる向きもあろうと思うが)。
 今年度は,全く新しい授業もいくつか担当するので,その準備も結構プレッシャである。
 新入生さんは,ほとんど名前は覚えたつもりである。
 この辺りが新年度スタート時に特異なことであるが,言い訳していても仕方が無いので,今月も月ノルマ達成に向けて頑張ろう。
 ということで,本日は意気込みだけ,って話ですけど。

六百を迎える

 さて。
 昨年末のブログでも少し触れていたが,遂に当ブログも本日掲載分で六百本となる。
 めでたく覚えておくことができた自分を褒めてあげたい。
 ともあれ,2008年の2月に,第一回目のブログを書いてから,もう7年を超えているのである。
 そして,本日掲載分にて,2014年度の当ブログも終了ということになり,明日からは気分も新たに(気分だけである)2015年度のブログがスタートする(おそらく明日にスタートするわけではない)。
 そして明日は入学式。
 というわけで,ちょうど今年度の区切りとも重なるのだ。
 当ブログ,相変わらず,思いがけない方からの「見てますよ」の一言をいただき,びっくりするのであるが,これからもお馴染みの方,新しい方を問わず,何かを感じてもらえるブログにしていきたいと思っている。
 というわけで,当ブログを今後ともどうぞよろしくお願いします。
 まだまだ続けるつもりなんかい!って話ですけど。

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

カレンダー

カテゴリ