ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 雷害に嘆く

雷害に嘆く

 先日のことであるが,ひどい雷に見舞われた。
 本学では,3限目の授業が始まったところであったが,学内からは悲鳴が聞こえる,まさに阿鼻叫喚の状況であった。
 川上は,その3限目,続く4限目の授業を終えて,5限目の授業を研究室から配信するために研究室に戻ったのであるが,そこでひどいショックを受けた。
 ファイルが消えてしまったのである。
 多分,雷のせい( というか雷による電気トラブルのせい )だと思うのであるが,パソコンからとあるファイルが,消えてなくなっているのだ。
 ショックで立ち直れない。
 そして,そのファイルというのが,実は,とある授業の資料ファイルであり,翌々日に配信するために作成したもの,ほぼ8割以上出来上がっていたものなのである。
 午前中にこれを作成していたので,それを開きっぱなしにしていたのがおそらく敗因である。
 これが,ファイルごと,綺麗さっぱり消えて無くなってしまったのだ。
 ショックで立ち直れない。
 これまで,不具合などで,これに類したことを経験したことがないわけでもないのだが,こんなに一個のファイルだけ,ファイルそのものが,綺麗さっぱり消えて無くなる経験はこれまでしたことがなかった。
 幸い,6月末くらいにバックアップをしておいたファイルがあったので,それを復元しつつ,なんとか翌々日の授業に間に合うように,資料作成を行なった。
 最近,Mac版のOfficeの具合があまり良くなくて(川上のシステムのせいかもしれないが),ちょっと心配していたところにこの大ダメージである。
 そして,こういう,一度書いた文章を,もう一度頭の中の記憶に従って,再び書こうとすると,絶対前の方が良かった,というか,前に書いたものの方が良かった,って思ってしまう傾向があるのである。
 皆さん,そんなことないですかね。
 川上としては心理的な現象として,名前を付けたいと思うくらいである。
 ということで,実は現在も,そのファイル,無くなってしまった部分については修復中なのである。
 ダメージ,今だに...って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ