ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 名称を知らない(4)

名称を知らない(4)

 こうしたケースをあまり想定していなかったので,今回のブログを,名称を知らないシリーズに入れて良いのかどうか定かではないが(まぁ所詮川上の匙加減であるが),先回のブログ「名称を知らない(3)」の続きである。
 簡単にダイジェストすると,スーパーで袋詰めするための台のことをサッカー台と呼ぶ,という話である(あら,一文で済むではないか。なんと薄いブログであることか)。
 で,どうも,これ,「作荷台(さっかだい)」と呼ぶケースがあるというのが前回引っ張ってた話である(あれ,こっちも一文で済むではないか。以下略)。
 少し調べてみるに,荷造り,という言葉との掛詞的に,作荷台という「当て字」が作られた,という話や,そもそも作荷台がオリジナルなのだ,という話もあるようで(川上的には信憑性が低い気がしている)なかなかに複雑な様相を呈している。
 川上がサッカー台オリジナル説を,まぁ推している理由には,「チェッカー台」の存在がある。
 もちろんこれも,どのタイミングで言われたのかということを突き詰めていくと,オリジナル説の根拠となるかどうかは怪しいところもあるのであるが,ともあれ,レジ係の店員さんが陣取っておられる場所を,チェッカー台と呼ぶらしい。
 確かに,スーパーなどで時々,「チェッカーの皆さん,......」といった店内放送がかかることがあり,川上などはその度に藤井フミヤ氏の顔を思い浮かべているわけであるが,我々利用客が「サッカーさん」と呼ばれることはないが(これは立場というよりもその時とっている特定の行動を指しているからでもあろうが),「チェッカーさん」は,チェックの衣装を着ていなくても厳然と呼ばれていらっしゃるわけである(引っ張られすぎ)。
 ともあれ,現在の川上の生活は,スーパー・ライフのお世話になることが多く,まさに「ノーライフ,ノーライフ」といった感がある(言いたいだけである)。
 しかもこのライフでは,数年前に卒業したとあるゼミ生さんの「妹さん」が働いておられるので,チェッカー台を通るついでに,その妹さんから,彼女の通っておられる他大学の情報について,収集したりもしているのだ。
 あれ,なんの話ですか?って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ