ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 対面で授業する(1)

対面で授業する(1)

 ということで,本日緊急事態宣言のためにオンライン化を余儀なくされていたとある科目について,久しぶりに対面授業を実施した。
 諸々の事情により,対面授業部分の稼働時間としては1時間程度であったのだが(ただし,これがリピート授業であったので,連続して2コマこれを行なった),ちょっとテンションが上がってしまった。
 そもそも教室に入るなり,前方に座っている学生さん達から「先生めっちゃ楽しそう」と見切られる始末である。
 やはりリアクションを確認しながらの授業は,こちらもやりがいを大きく感じる。
 感染拡大予防の観点から,諸々の配慮は当然必要であるし,学生さん達の個人的な環境事情なども分散が大きくなっていることは間違いないが,可能な限り,より上質の対面授業を届けられたらという思いを強くした。
 再開した対面授業について,記したいことも多かろうと思い,連番付きのタイトルにしておいたが,冷静に考えてみると,コロナ禍以前は,「対面で授業する」などという「当たり前の」タイトルは,到底思いつきもしなかっただろう。
 そう思うと,割と深みのあるタイトルである。
 以前の感覚からすれば,馬から落ちて落馬する的なニュアンスで捉えられかねないのかもしれない。
 そして,今後の大学教育に思いを馳せるタイトルであるかもしれない。
 なんだか急に壮大に...って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ