ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 年瀬は流石に苦しいか(2)

年瀬は流石に苦しいか(2)

 さて,年の瀬である。
 大学教員のような仕事をしていると,年の切れ目よりも年度の切れ目の方が重い,というような話を毎年している気がするのであるが,今年は特にそれが強い。
 生活自体がコロナ禍で思うようにいかなくなっているため,例年の年の瀬の動きとは異なってしまうからである。
 昨年の年の瀬の段階では,まだまだこんな状態になることは全く予想されていなかったし,昨年度末においても,この年の瀬までこんな状態であろうことは,無知を恥じるが感じていなかった。
 とにかく大変な時代であるし,大学教育自体も,その意味を問い直されているような気のする一年であった。
 が,ともあれ今日は大晦日。
 一旦区切りをつけて,新しい年のスタートを迎えたいものである。
 ちなみに,研究室は少し綺麗になった。
 協力者の皆様に感謝したい。
 それでは皆様,良いお年を,って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ