ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 綴字の話を(1)

綴字の話を(1)

 先日,研究室で,とある学生さんからチョコレートを頂いた。
 まずはとてもおいしいチョコレートであったのだが,それは「ティラミス味」のチョコレートであった。
 味はもちろん満足のいくものであったのだけれど,そのパッケージの表記が気になった。
 一個一個包んである,キャンディ的な包装になっているのであるが,そこに「Tiramisu」という表記が記載されていたのだ。
 川上としては,「またまた日本人が適当にカタカナ語としてローマ字表記しちゃったな」と残念な気持ちになったのである。
 ほら,よくあるじゃないですか,「Sogo Rihabiri Center」みたいな表記(懐かしいなぁ,と思ったら,2009年のブログで触れています「浦和にもの申す」)。
 今回もまた,やっちまったなぁ(by クールポコ。)と思ってしまったのであるが,ちょっと調べてみて驚いた。
 これ,正式な英語表記なのであった。
 要は川上の単なる知識不足って話であり,誠にお恥ずかしい限りである。
 なんか,こういう表記って,最後に「u」とか付かないじゃないですか。
 ローマ字とかじゃないと。
 英語のスペリングのルールから言ってもそうだと思うのだが,オリジナルのイタリア語がそんな感じなので,こんな感じなのだろう。
 いやはや,勉強になった。
 勘違いして「やっちまったなぁ(by クールポコ。)」とか思ってしまってごめんなさい。
 むしろ川上が「やっちまったなぁ(by クールポコ。)」って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ