ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 特異な日である

特異な日である

 10月10日は,1964年の東京オリンピック大会開会の日であることから,1966年から「体育の日」とされてきた。
 国民の祝日である。
 2000年からは,10月の第2月曜日が「体育の日」となったわけではあるが,我々世代は(というか個人的に,かもしれないが),やはり「体育の日」と言えば,10月10日というようなイメージがある。
 で,である。
 1964年の東京オリンピック大会開会の日が,どのように決められたか,そして,このことは,先の記述からもわかるように,「体育の日」がどのように決められたかとも絡む問題なわけであるが,について,ここでは書いてみたい。
 結論から言えば,10月10日にというのは,「晴れる日」であるから,この日が東京オリンピック大会の開会の日として選ばれたとのことである。
 もちろん,こうした大会において,晴れることは大いに意味のあることであろう。
 では,「晴れる日」である,というのはいったいどういうことであるかというと,東京地方において,この10月10日は,晴れの「特異日」であったと言われている。
 つまり,統計的に,晴れることが多いのが,10月10日であるというのだ。
 天候,あるいは天気に関して考えてみると,これはあくまでも「たまたま」だろうな,というのが実感である。
 地球の動きや,なんやかやで天候,あるいは天気は変動していると思うのだが,少なくとも,「日付」に伴って変動するわけではないだろう。
 強いて言えば,「夏至から何日目」とか,「秋分から何日目」ということであれば,これはなんとなく理解できないでもなさそうな気もしないでもない(曖昧)。
 しかし,「中秋の名月」も年によって変わるのであるから,天候,あるいは天気は「10月10日は...」なんていう話の対象ではそもそもない気がする。
 もちろん,10月は雨が多い,とか,少ない,とかと言ったようなより大きなくくりで話をするならまた別であるが。
 ともあれ。
 しかし,それにもかかわらず,我々の意思決定は,こうしたことに基づいてなされてしまう,ということは,これまた意味があることなのだろうと思う。
 つまり,人間というシステムの意思決定はこうしたデータに引きづられやすい。
 これ,いわゆる占いにひきづられやすいことと同様のメカニズムなのだろうと思われる。
 おもしろいなぁ。
 しかし,である。
 実際,今年なども,台風の影響もあり,午前中こそきつめの雨が降っていたが,なんと,昼前には,もう晴れ間がのぞいたのである。
 すごいなぁ,特異日。
 えらいぞ,特異日。
 と,特異日に感動したので,ブログを書いてみた。
 しかし,体育の日の由来とか,知っててえらいでしょ?
 それは「得意日」,って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ