ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 熊猫のジョークを(2)

熊猫のジョークを(2)

 さて。
 当ブログの読者であれば(母集団として限られている),おそらく前回のブログ(「熊猫のジョークを」)に至った経緯を推測いただけたのではないかと思うが,そう,「オーバーシュート」である。
 聞き慣れない言葉で,しかも川上にとってはスポーツ用語っぽい(「アンダースロー」とかと同じジャンルの用語に聞こえる)のであるが,そんな冗談を言っている状況でないことは皆さんもご承知の通りである。
 で,話題になったのは,「なぜシュートなのか?』というポイントであったのだ。
 川上の感覚としては,一気に,というニュアンスがshootなのでは?というところ。
 ネイティブではないので自信はないけれど,なんとなく,シュッと(ダジャレみたいになっているがこれはあくまでも結果論である)行く感じがshootなのではないかと思っている。
 現状とにかく首都圏で感染が大きく広がっていることが報じられているが,関西も(それから東海も。というか全国的に)予断を許さない状況である。
 オーバーシュートに至らないためには,「こころの統制」のようなことが必要なのかな,と思う今日この頃。
 そろそろ心理学者が大々的に発言するべき時なのでは?って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ