ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 年瀬は流石に苦しいか

年瀬は流石に苦しいか

 さて,年の瀬である。
 年の瀬はただでさえ慌ただしいものであるのだが,本学の年の瀬は,1月中旬の卒論提出を控えて,さらに中々落ち着かないのである。
 落ち着かないことはもう一つあって,今回のブログのタイトルである。
 これまでも何度か,この年末にブログを書いてきているわけであるが,その際,タイトルに中々に苦労してきたのである。
 というのも,当ブログは,タイトルを漢字二字熟語で始め,かつ,同じ漢字二字熟語は二度と使わない(シリーズ物はその限りではない)という縛りを(自分で勝手に)入れているので,以前に使ったのと別の,年末を表す表現を使わないといけないと(自分で勝手に)思っているからである。
 これまで,年末,歳末,年尾,歳晩,節季,歳暮,という表現をタイトルに使ってきたが,流石にそろそろとネタ切れである。
 ということで,来年のことを考えると少し憂鬱であるのだが,ご挨拶をさせていただこう。

 今年も一年,お世話になりました。
 いろんな意味で偏った,当ブログにお付き合いいただき,ありがとうございます。
 来年もよろしくお願いいたします。
 来年が皆様にも素晴らしい年になりますように。

 ということで,また来年,って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ