ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 依存を語る

依存を語る

 先日のことになるが,とある市の市民講座の講師を担当させていただいた。
 題して「ケータイ依存の心理学」である。
 専門としている内容,どストライク,というわけではないけれども,最近興味を持って調べている領域である。
 大学生さんや高校生さんに話をする機会は多いのであるが,一般の人たちに話させていただく機会はかなり久しぶりであった(正確には今年の5月以来である)ので,やや緊張しながら講演させていただいた。
 心理学的な意味での「依存症」という言葉を使うほど,病的であるかどうかはともかくとして,現代社会が,その生活を携帯電話から切り離すことが難しい社会になっていることは間違いない。
 得るものと失うもののバランスを考えながら,ケータイと,そして人生と付き合っていくことが重要だと思う。
 そうした辺りを心理学における学習理論や依存にまつわる話などと併せて話させていただいた。
 皆さん非常に熱心に,そして温かく聴いてくださり,こちらとしてもとてもやりやすい講演であった。
 終わってからも,何人かの方に声をかけていただいて,とてもありがたい気持ちで会場を後にした。
 先回のブログ(「忠実な人は」)ではないが,やはりいつまで経っても勉強であり,今回も本当に良い勉強をさせていただいたと思う。
 そして,やはり大学生さんを対象にした講義(授業)とは違う刺激が頂けた。
 ということで,これからもますます精進していきたい。
 単なる決意表明か,って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ