ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 今期が始まる(2)

今期が始まる(2)

 先回のブログのタイトルを,「今期が始まる」とした。
 自分で書いておいてなんなのだが,このタイトルには少し違和感を感じていた。
 自分なりに,この違和感について検討してみたところ,以下のような結論となった。
 つまり,始まるまでは「今期」ではないからである。
 始まってのちに,現在の学期を「今期」と呼ぶにはやぶさかでないのだが,これから始まるものを「今期」と呼んでいることが違和感なのだ。
 したがって,タイトルとしては「今期が始まった」なら違和感がないのだろう。
 まぁ,それほど神経質になるようなことではなくて,要するに,「穴を掘る」とか「お湯を沸かす」式の表現であると言ってしまえばそれまでである。
 「今年が始まる」とか「今日が始まる」とかも,新年や朝のコメントとしては,割と妥当なようにも感じる。
 うーん,どうなんだろう。
 「今年」や「今朝」のユニット性(ユニット感,一体感)は,「今期」よりも強い気がするので,「今」感が弱いんだろうか。
 あるいはこれは,「劇的現在」なのだろうか。
 いやいやむしろ,「今年が始まる」や「今日が始まる」こそが,劇的現在の感じが強くて,だからこそ違和感を感じないのだろうか。
 疑問は尽きないのであった。

 てか,誰もそんなこと気にしてないのでは?って話ですけど(それはむしろ悲劇的)。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ