ペンギンのイラスト ねずみのイラスト

川上正浩ブログ

TOP > 先生blog > 川上正浩ブログ > 日々雑記 > 千一をかける

千一をかける

 さて。
 先回のブログ(「六桁の数字にするには...」)の続きであるが,任意の3桁の数字を2回繰り返して6桁の数字にするには,結論から言えば,千一をかけることになる。
 たとえば,任意の三桁の数字として314を思い浮かべたとしよう。
 これを2回繰り返す,ということは,314314とすることであり,この,314,314は,要するに314,000に314を足したものである。
 言い換えれば,314を1,000倍した数字に314(314を1倍した数字)を加えることになり,つまりは314を1,001倍することになる。
 ということで,三桁の数字を2回繰り返した数字は,必ず1,001の倍数になるのだ。
 ここで,1,001は,13×11×7であるので,三桁の数字を2回繰り返した数字は,必ず,13,11,7の倍数になるのである。
 言わずもがなの説明をしてしまったが,要はマインド・コントロールでもなんでもない。
 単なる数学的に必然の帰結である。
 こうしたことも,呈示の仕方によっては,マインド・コントロールのように見える場合がある。
 それは,心が,そのような解釈を受け入れがちであることと関係があるのだろう。
 マインド・コントロールそのものはともかくとして,こうした心理学的なところは非常に興味深い。
 なんとか心理学っぽいブログ...って話ですけど。

コメントを投稿

(ご投稿いただいたコメントが投稿されるまでに、
ブログオーナーの承認が必要です。しばらくお待ちください。)


画像の中に見える文字を入力してください。

カレンダー

カテゴリ